<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ツ-ル・ド・千葉 ジャージ 2017

-


ツールド千葉のジャージが届きました!!

a0242657_2211037.jpg

a0242657_221216.jpg


今年のジャージは鴨川市の「鴨川萬祝染・鈴染」の「萬祝染」をモチーフにしているそうで、「萬祝」とは大漁祝いの宴会の事で、その祝いの席では新調したお揃いの祝い着が配られたそうです。

大会本番の当日にみんなでお揃いの「祝い着」を着用して走ったら おめでたいですね!!


10月7日 東京30K

10月8日 ツールド千葉2日目に参戦!

10月9日 ツールド千葉3日目に参戦!


本番まで、あと2ケ月を切ってますが、、、

なんの準備もしていません(笑)



<2日目コース>

a0242657_2215014.jpg






<3日目コース>

a0242657_2215156.jpg






2日目ゴールした後、宿泊はどうしようかと・・・








では \(^o^)/








-
[PR]

by sun-sound | 2017-08-16 22:16 | Tour de Chiba | Comments(0)

こうゆう丸 タチウオ釣り

-


8月13日「こうゆう丸」へタチウオ釣りに行って来ました!

毎年の恒例行事。


なんと言っても「塩焼き」最高--です!

<塩焼き前>

a0242657_22312250.jpg




<塩焼き後>

a0242657_22314548.jpg





皮がパリッとして、中身はホクホク。

美味しくいただきました~!!






では \(^o^)/







-
[PR]

by sun-sound | 2017-08-14 22:29 | Fishing | Comments(0)

上高地~涸沢~穂高 夏山登山

-

富士登山競争の疲れが取れない内に、と言うか、その日から山登りに行ってきました!

2017年7月28日 金曜日 
富士登山競争終了〜帰宅
帰宅後、すぐ出発〜仲間と合流
深夜に 松本の沢渡へ移動

7月29日 土曜日
朝5時前のバスで上高地へ
上高地〜涸沢〜涸沢小屋

7月30日 日曜日
涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘

7月31日 月曜日
穂高岳山荘〜奥穂高岳〜前穂高岳〜岳沢〜上高地

メチャ、キツかったけど、非日常の世界で心が洗われました!


最終日に前穂高岳から見た、槍ヶ岳です。
(ここは登ってませんが(笑))

a0242657_0315161.jpg






そんな感じでしたので、写真を中心にレポします!



朝5時台の上高地。出発準備をする方で賑わってます。

私達は会社の仲間5人での山行です。
テントが2人。
山小屋利用が3人。
私は経費削減でテント泊(笑)
荷物は重いが、これも鍛えられますから!
a0242657_0273271.jpg


上高地周辺の清々しい清流!
空気が美味しい。
a0242657_0323950.jpg


少し歩くと、猿の親子のお出迎え!
小猿が親猿にしがみついて可愛かったです。
a0242657_027432.jpg


朝の梓川②、だんだん山に入り、山に来た雰囲気が漂ってきました。
a0242657_0275312.jpg


横尾まで3時間。余り変わりばえしない景色の中、進みます。
横尾からは段々と斜度が増してきて、富士登山の疲れが残り、又、寝不足ながら、、、結構な急登を喘ぎながら登ると、、、雪渓に突入!
もうすぐ8月だと言うのに、今年は雪が多いですね。
a0242657_028679.jpg


スリップに注意しながら登りきると、今日の目的地が見えてきました。涸沢小屋です。
a0242657_0281942.jpg


小屋のテラスから見た景色。
本来、晴れると綺麗なカールが見えますが、今日はイマイチ。半分から上はガスに隠れています。
a0242657_0282715.jpg


私はテント泊でしたので、テントを張って今日のお宿の完成です!天気も悪いので意外に空いてました。
手前の白いフライシートが私のテント。右手の青いフライシートが仲間のテントです。
a0242657_0283672.jpg



反対側の山小屋、涸沢ヒュッテ側から見たテント場です。色とりどりのテントが山の風物詩ですねー
a0242657_0284536.jpg
富士登山からの寝不足もあり、朝までぐっすり。




翌朝は小雨の中、撤収して小屋泊まりの仲間と合流。
少し晴れ間が出ると、今朝出発したテント場が下に見えてきます。
雲が生き物のように動いています。
a0242657_0285428.jpg


かなり登ってきました!
ついでに晴れ間も広がり、良い感じ。
a0242657_029937.jpg


途中で雷鳥を見る事も出来ました!
(見たのは、もう少し上だったかも)
a0242657_0331912.jpg


結構な斜面があり、初めての仲間はかなりビビってましたが、ゆっくり登って、なんとかクリアー。
a0242657_0291924.jpg
a0242657_0292521.jpg
a0242657_029345.jpg




途中からは乳白色の世界で、視界は全く見えませんでしたが、無事に北穂高岳に到達!
北穂高岳への最後の取り付きの登りにも雪がたっぷり残っている箇所がありました。少しヒヤヒヤしましたかね。
a0242657_029444.jpg


北穂高岳から涸沢岳への稜線は、危険な箇所もあり、ゆっくり進みました。一面のガスで何も見えなかったのは残念でしたが、高度感を感じ無かったのは良かったかも。1人はかなりビビってました…(笑)



稜線から少し外れて、左のピークに登ると 涸沢岳です!
ここも全く視界が無かった。
a0242657_0295330.jpg
涸沢岳からは ほんの20分程下ると穂高岳山荘に到達。天気も悪いので早々とテントを張り、食事をして、沈。

明日は行程も長いので、朝3時出発。
テント撤収も考えると、2時前には起きないと…

夜中も時々 雨音で起こされましたが、起床した1時45分には、あがってました。濡れたフライシート、などなどをリュックに詰めて、ずっしり(笑)
今日も鍛えられます!

この間、写真無し…

この最終日は晴れると聞いてましたので、星空を期待してましたが、まだ雲が居座ってます。
雨は降ってませんが、歩いているとリュックは微妙に湿っぽくなります。
晴れないかなぁ。。。

真っ暗な乳白色の中、5人で黙々と登ると、、なんとか着きました!
奥穂高岳山頂です。
a0242657_030130.jpg
光は、仲間のヘッドランプ(笑)



少し待っていましたが、中々晴れてこないので、御来光は臨めませんでした。

明るくなってから再度の山頂写真。
a0242657_0301172.jpg


諦めて、歩き出すと、薄ぼんやりした太陽が出てきた!
a0242657_0302094.jpg


そうすると あっと言う間に晴れ間が広がって、ご覧の景色が展開されました。この2日間が嘘の様な晴れっぷりです!
下に見えるのは、昨日宿泊した涸沢小屋です。
a0242657_0303067.jpg


この雲もアートですね!
a0242657_0303932.jpg


いやいや、素敵過ぎて言葉が出ません。
a0242657_0304635.jpg


遠くに、焼岳が見えました。
手前の岩と相まって、こちらもアートです!
a0242657_0305989.jpg


この分岐から前穂高岳へ登ります。
難所はありませんが、急な登りでした…
a0242657_031743.jpg


登り途中から振り返った岳沢のパノラマ展望地
a0242657_031169.jpg


やっと前穂高岳に到着です。
遠くの高い山は、今朝通過してきた奥穂高岳。
a0242657_0312418.jpg



この写真が、前穂高岳から撮影した、涸沢小屋、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳の大パノラマですー!
昨日と今日、歩いてきた行程が目の前に展開されて大感激!!
a0242657_0313895.jpg


終わり良ければすべて良し、と言いますが、最後にこの景色が見れて幸せでした!



後は、ひたすら上高地に向かって下山。
脚はボロボロ。
疲労はMAXでしたが、無事に生還出来ました(笑)



上高地からバスに乗って、沢渡の駐車場へ。
温泉に入って、3日間の疲れ(汚れ)を取りました…




山は良いですね。

次回は秋かな?




では*\(^o^)/*







-

[PR]

by sun-sound | 2017-08-08 09:00 | mountain | Comments(0)

第70回 富士登山競争(詳細レポ)

-


2017年7月28日(金)富士登山競争 参加してきました!


この富士登山競争は、そもそも縁遠い世界のレースだと思ってまして、遠くから眺めていましたが・・・同じ会社のラン友が「エントリーしよう!」と誘ってきたことをきかっけに、0次関門に挑戦。

なぜかエントリー出来てしまい、なぜか出る事に・・・

しかも、そのラン友はエントリーに失敗して不参加!!
(笑)(笑)(笑)





このレース、初参加では山頂コースに参加できません。

まずは5合目までのレースに参加して、標準タイムを切らないと参加資格が得られませんので、私は当然5合目コースから参加です。

では標準タイムが何時間かと言うと、2時間20分らしい・・・
らしい、と言うのも、実際は2時間15分を切れないと山頂コースの5合目の関門に引っかかってしまいますので、2時間15分を切れないとダメなんでしょうね。


試走を4回しました。

4回目には、2時間05分で走れましたので、2時間15分は切れるかなと思ってましたが、実は2時間10分を切れると、来年は「Bグループ」スタートになるそうですので、当日の目標は、当然の2時間10分です。


馬返しから先は渋滞があって、思うように登れないらしいので、馬返しまでいかに良い位置で辿り着けるかが勝負らしい。


そんな感じでしたが、走ってきましたので、レポします!!





朝は早めに5時30分には現地に到着。

a0242657_22572087.jpg


いつもは閑散としている市役所前も、今日はかなりの人でごった返しています。



山頂コースの方が7時スタートです。

仲間が参加するので、応援!と思って早めに来ましたが、なんとか会えました。

一緒に写真も撮れたし、エールも送れたし、良かった良かった。

天候は曇りで、日も陰っているので、暑さはそれほどでも無い様子ですが、放送で5合目も山頂も晴れてます!と。。。これには会場のみんなが大盛り上がりでした!


若干、トイレ待ちにやられて冷や冷やしましたが、無事にスタート!

頑張ってくださいね!!




さあ、こちらの準備開始です。

もうトイレも空いているし、なんだか会場のピリピリ感が薄れた感じ。

もうやる事も無いので、荷物を預けて、スタート付近でじっと待つだけ。5合目は「D」「E」グループですが、私は最後尾の「E」グループですので、せめて「E」グループの先頭の方に並びたいな-と思ってましたら、みんな同じことを考えてましたね(笑)

交通規制のかかる8時ちょうどには、大勢の方が道路に詰めかけて、ぎゅうぎゅうの満員電車状態でした(笑)


そして、なんと日が出てきて、首の後ろをチリチリと焼いてくるではありませんか・・・。

この狭さでスタートの8時30分まで待つのは辛いな・・・



スタートセレモニーなんかがあり、「エイエイオー」の掛け声がかかると、8時30分が目前です。

a0242657_2364597.jpg



じっと待って待って、やっと8時30分のスタート!!



号砲と同時に「Dグループ」がスタートし、、、「Eグループ」の先頭は、ロス約1分後でしょうか、無事にスタートが切れました!

この1分はグロスタイムに加算されちゃうんだから、不利だよな・・・なんて考えながらスタート(笑)


通常のフルマラソンほど遅い人はいませんが、それでも道路を塞ぐ人はいますので、歩道を上手く使いながら(ルール違反です)、最初のフラット区間を走ります。


約500M程進むと、左折。
ここから登りが始まります!

1KM 4分22秒

(笑)速すぎでしょう


一定の傾斜が続きますが、我慢我慢。

大きな鳥居の下をくぐります。(金鳥居)

かなりハイペースのつもりだが、結構多くの人に抜かされる・・・

2KM 4分55秒


息が乱れて、心臓がバクバク!

このままでは最後までもたないかも・・・

でも周りが速い!


登り切った所を左折、最後のフラット区間です。
この間約300M。

息を整えます。

3KM 4分59秒


浅間神社を右折。

ここからは全て登りのみ。

でも木が生い茂って、日陰になるので、少し走り易くなります。

ここで給水ポイント。

水をいただきます。


チャレンジ富士五湖で下る道に合流して道幅が広くなります。

4KM 5分15秒

一定のペースで上手に走る人を見つけて、ついて行こうとしますが、そんな人に限って自分より強い人で、ジリジリ離されます。

かと思えば、急に落ちてくる人もいて、普通のロードレースと違って、同じペースの人を見つけるのも大変でしたね。


自分は、スタートのハイペースが災いして、段々とペースが落ちてきているのが分かる感じ。

5KM 5分23秒


ジワジワとペースが遅くなっています。

折り込み済みとは言っても、気分は良くないですね(笑)


6KM 5分38秒


北麓公園の分岐を右に見送って、2段坂を越えれば、中の茶屋が見えてきます。

最後の試走の際には、41分で通過しましたが、今日は前回よりハイペースでしたので、、、約37分位。


40分を切って通過。


7KM 6分02秒



ここでは、頭からヒシャクで水をかけてもらいました!

冷たくて気持ち良い~

シャツまでビショビショ。

この濡れたシャツは、当然ゴールまで乾きません。



この中の茶屋から馬返しまでは、幅4Mほどの狭い荒れたロードをひたすら登ります。

約4KM。

途中からは斜度もきつくなり、歩いているのだか走っているのだか分からなくなりますが、馬返しまでが勝負ですので、そこまでは歩いては駄目です。



水をかぶってスッキリしましたので、気分よく再スタート。

最初は傾斜も緩く、ある程度進めます。

8KM 6分07秒


歩いている人がいると、私のすぐ後ろにいる人が、歩くな歩くな!と、掛け声をかけます。

なんだか凄いパワフルな人がすぐ後ろにいるな・・・(笑)


自分も歩いてしまったら、励まして欲しいなぁ


9KM 6分47秒


段々ときつくなってきた。

歩きたいけど我慢我慢。

馬返しまでは、あと2KM弱。


目の前に壁みたいな坂が。。。

我慢我慢。

キツイ坂は、あえて急な内側をフォアフットで、駆け抜けた方が良いみたい。

たたたたっ。

少し傾斜が緩い箇所で、呼吸を整える感じ。


10KM 7分32秒


もう早歩きペースになってきた。


ガードレールみたいな物が見えて、2回カーブを曲がったら、もうあとは急斜面を1回登れば、馬返し。

ここは試走で頭に叩き込んだから、イメージ出来てます。


最後の坂を「維持」で登って、馬返しに到着!!

11KM 9分18秒
(給水時間も含む)


公式タイム1時間03分54秒!!

グロスタイムなので、1分程度のロスを考えると、1時間2分台だと思いますが・・・



ここでは、スポーツドリンクを飲んで、水を頭から。




ここからの噂の渋滞はどんな?

と思いましたが、まあ大丈夫でした。

当然、山道で殆どの人が走れませんので、ペースは速くはありませんが、イライラする程の渋滞は無く、所々は横からすり抜け出来ます。


狭い所でパワーを貯めて、前を見ながら追い抜ける箇所で、数人を追い抜く戦法で前へ前へ。


12KM 11分59秒

それでもペース的には、酷いもんですね。

13KM 14分01秒

14KM 16分21秒

もう山道は、とにかくスペースを見つけて、前へ出る感じ。

早歩きと、小走りと、スペース探し。

この繰り返し。

でもはっきり言って、馬返し前の方が厳しかったですかね。


渋滞で多少の休憩があるので、楽できる箇所もあり、呼吸は楽でした。

でも脚全体が疲労の塊みたいになって、攣りそうになりつつ、騙し騙し登ってる感じ



最後の方にアスファルトの道路に出て、ちらっと時計を見ると、なんだか2時間を切れそうな感じ??

んっ?

行けるか?


もう一度、山道に入って、ひと回り。

最後にアスファルトに出る手前で、周囲の方から「2時間切れるぞ!急げ!」って。

なんと、脚が限界なんですが。。。

攣りそう。

騙し騙し、脚を前に。

あと200Mと言われ、時計を見る。

大丈夫そうだ。

早歩きっぽく、ゴール!!


(私のゴールではありませんが、雰囲気だけ)
a0242657_0111123.jpg





公式記録 1時間59分12秒!!


なんと2時間を切ることが出来ました。


馬返し~五合目までが、55分18秒。




ゴール後はすぐ給水所で、スポーツドリンクをいただいて、ゴクゴクいただきましたが、これが旨いののなんの。

3杯ほどいただいてしまいました(笑)



このゴール後は、こんな道を荷物置き場までトボトボ。

a0242657_0141149.jpg


あれ?

五合目は「晴れ」って言ってなかったっけ(笑)



なんとか荷物置き場まで着きました~

a0242657_015655.jpg



濡れたシャツに、出来れば下着まで着替えたかったですが、下着は替えを持っておらず・・・。

リサーチ不足でした・・・




富士登山競争、無事に2時間切りが出来ましたので、来年は山頂コースにエントリーは出来ますが、五合目で限界ギリギリの自分に山頂まで行く事が出来るのか・・・?

1年間ゆっくり考えたいと思います(笑)



とりあえず、終わってホッとしました~





この日の金曜日の夕方から2泊3日で穂高岳に登頂に行く予定。

あ~厳しい日々が続きます・・・
レポは近いうちに・・・






では \(^o^)/











-
[PR]

by sun-sound | 2017-08-07 10:00 | running event | Comments(2)
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31