北岳~間ノ岳 トレッキング報告

-


2016年9月25日~26日に登ってきた「北岳」~「間ノ岳」の報告です!

本日が10月16日。

サボりにサボって、もう20日以上も経ってしまいました(笑)


撮影した写真は、300枚以上なんですが、厳選した40枚程度を掲載しますので、是非ご覧ください!


スタートは、9月24日

会社での仕事を終え、会社仲間3人と車に乗り込みます。

会社近くの銭湯をみつけて入ったり、食事をしたり、都内を出たのは22時頃でしたでしょうか(笑)

中央高速道路に乗り、甲府を目指します!

昔は広河原までマイカーが入れましたが、現在は手前の芦安村までしか入れません。


24時頃 芦安村到着

芦安村からは始発のバスが5時過ぎに出ますので、芦安で仮眠タイム!
a0242657_8484347.jpg


ソロテントを持っている2人は外のテントで、もう一人は車の中でZZZ・・


近くを車が通ると、まるで戦車が通過するみたいな轟音が鳴り響き、なかなか寝れません。結局、車の中の友人も寝付けなかったようで、3人とも寝不足状態で北岳に臨むことになりました(笑)



4時起床。

テントを撤収し、身支度をして出発です。

あと2人は、朝の4時半頃到着。

第4駐車場に停めたそうで、400M程歩いて登ってきました。


登山届を出して、乗り合いタクシーに乗ります。
a0242657_853267.jpg


本来は市営バスに乗る予定でしたが、乗り合いタクシーが何台も待機しており、集まった順にどんどん出るシステム。

無事に席を確保して、約1時間の睡眠タイムとなりました。




予定通り、約1時間で広河原に到着。

朝6時の広河原は、ヒンヤリとした空気に包まれて、とっても良い感じ。

ここから北沢峠方面へ乗り換える人も多く、甲斐駒、仙丈ケ岳でしょうか!?羨ましいですね。



トイレを済ませ、5人で集合写真を撮り、さあ出発です!

遥か遠くには、北岳方面が望めます

結構感動的な景色。
a0242657_859051.jpg


と、同時に絶望的な距離感(笑)

あそこまで登って、越えて、その先の山小屋まで行きます。



北岳登山の入り口は、このつり橋から。
a0242657_902056.jpg


行きと帰りと、必ず通りますので、ホッとする場所ですね。



出発時間は、6時15分でした。



初心者の方がいるので、まずはゆっくりと進みます。

標準ペースよりも遅く。

どんどん抜かされますが、これが大切で、最初の1時間のスピードが後になって効いてくるのです。



木漏れ日がお出迎えしてくれたり!
a0242657_941172.jpg




近くを清流が流れていたり
a0242657_944489.jpg




また、高山植物が適度に目を楽しませてくれます
a0242657_951767.jpg

a0242657_95549.jpg



それでも段々と急登になってきて、樹林帯で景色も変わらず、飽きてきます。

適度に休憩を取りながら進み、2時間程歩くと、徐々に大樺沢の全景が見えてくるので、モチベーションが上がります!!
a0242657_994725.jpg


北岳山頂には少し雲がかかっていますが、最高の天気。


a0242657_9104276.jpg



8時45分

2時間30分程度かかって、二股に到着です!
a0242657_912272.jpg


多くの方が休憩する場所。

ここからは、このまま沢を直登するコースと、稜線方面へ迂回するコースとありますが、我々は、右俣の迂回コースへ進みます。


迂回と言っても急登は変わりません。

ゆっくり一歩づつ高さを稼ぎます。
a0242657_9151937.jpg

a0242657_9153757.jpg


秋になると白や黄色の花は少なくなり、紫色の花が多くなりますね。



ゆっくり1時間30分位登ると、視界が開けてきます。
a0242657_9175146.jpg



黄葉が綺麗に広がり、また振り返れば、鳳凰三山が目の前です
a0242657_919312.jpg


a0242657_9194666.jpg




ひと踏ん張りして、このような傾斜地に出ると、稜線はもうすぐ。
a0242657_9201974.jpg



振り返ると富士山も見えてきます!
a0242657_9205262.jpg


チョコンと頭だけ。

わかりますか?



11時30分。

稜線に出ると、急に視界が開けます!

おおお!

向こう側には、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、富士山も。


<甲斐駒ケ岳>
a0242657_9225224.jpg



<仙丈ケ岳>
a0242657_92372.jpg



<富士山>
a0242657_923202.jpg



同じ標識を起点に、BIG3が同時に見えるのは、感動的ですよね!!



ここでお昼ご飯をいただきます!

って、ここに来て、バーナーに火が付かないとか、コッヘルを忘れたとか、、、結局、私のコッヘルで5人分のお湯を沸かしました(笑)


カップラーメンやら、コーヒーやら。


高山での暖かい飲み物や食べ物は、最高ですよね~



さて登山再開。

仙丈ケ岳方面の眺望。

最高です!
a0242657_9274311.jpg



これから登る北岳方面は険しい雰囲気です。
a0242657_9281345.jpg



でも稜線歩きは、楽しいですね。

13時00分

景色を楽しんでいる内に、あっと言う間に「肩の小屋」到着。
a0242657_9292249.jpg





でも、我々の今日のお宿はここではありません。

ここから北岳を越えた、向こう側の「北岳山荘」になります。

もうひと踏ん張り。

小休止後、出発。

少しづつ高度を稼ぎます。


振り返ると、小屋がもうあんな下に。
a0242657_9333018.jpg


甲斐駒ケ岳方面への稜線が、最高にかっこよいですね!



大樺沢方面の黄葉も最高!
a0242657_9343654.jpg




14時15分

景色を見ている内に、仲間5人揃って、山頂到着です!
a0242657_9363085.jpg


3,193M、富士山に続いて、日本第2位の山です!


あいにくと山頂だけは、ガスの中で、残念ながら眺望は全くありませんでした (T_T)

その代わりブロッケン現象が見えた方もいたようです。



我々の仲間の初心者の人は、この夏に富士山を登ったのが初めての高い山で、、、本日第2位の山を制覇、明日は第3位の「間ノ岳」に登る予定です。

初心者で、この夏初めて高い山に登ったのに、1位⇒2位⇒3位と制覇。

なんだか、凄いんだか、笑っちゃいます!!





時間も遅れているので、先を急ぎます。

特に難所ではありませんが、下りは危険ですので、ゆっくり。

雲の切れ目から、本日のお宿が見えてきました!
a0242657_9432129.jpg





15時45分

見えるけど、なかなか近づいてこない現象に陥るも、、、やっと到着!
a0242657_944024.jpg



6時15分に広河原を出発して、9時間の行程でした!



無事に受付をして、、、
a0242657_9453582.jpg




広間で明日の出発時間、行程の打ち合わせなど。

結局、明日は「間ノ岳」山頂でご来光を見よう!と言うことになり、2時起床、3時出発となりました。

早いいい--


ビールを飲んでいた方は、ヘベレケで、何を言っているのか良く分かりません・・・(笑)


夕焼け、夜景は、曇りの天候に遮られて、全く見れませんでした。。。残念!




それでも、夕食は18時。

夕食はサバの味噌煮。
a0242657_9485126.jpg


美味しかったですよ!


寝床は、一人一畳はありました。


目覚ましをセットして、19時30分には就寝。

なんと6時間半も寝れる。

いつもより多いっす(笑)





翌日は2時過ぎに起床!

出来るだけ音を立てないように、静かに準備をします。

他のグループも準備を開始しています。


間ノ岳を往復しますので、大きい荷物は、置いて行って良いとの事。

軽装で登れます。


外に集合して、ヘッドランプで確認しあいます
a0242657_1025446.jpg


星は全く出ていない様子。




予定より少し遅れて、3時30分に出発です!



まずは途中にあるピーク「中白根山」を目指します。

この山だって、3,000M以上の高い山です。


暗い中をゆっくり進みます。

幻想的で良い雰囲気。


左手の東側が少しづつ明るくなってきている感じで、気持ちが焦ります。




中白根山 3,055M
a0242657_1065936.jpg



この頃から、小雨がポツポツ。

カッパを装着。


上空は雲がびっしりですが、何故か東方面だけは雲が切れている様子。

どんどん明るくなっていきます。



ご来光が山頂到着までに間に合うか。。。

ドキドキしながら、でもゆっくり進みます。




途中、ピークに立て看板が立っていて、遠くから見ると、山頂のように見えましたが、これが「偽りのピーク」でして、騙されて、ガックシ(笑)






再度、それらしき様子が見えます
a0242657_10115992.jpg


これが本物か!?



正解でした!
a0242657_10122680.jpg


3,190M 日本第3位の山です!

例の人は、これで日本BIG3を制覇(笑)



景色はと言うと、、、ご覧のとおり、頭の上は、厚い雲に覆われて、雨が降っています。


ですが、東方面は何故か良い感じに雲が切れています!
a0242657_10151944.jpg




どうですか!
a0242657_10154951.jpg

a0242657_10155941.jpg




この写真は、太陽パワー全開ですね!
a0242657_1016324.jpg


光と画面の関係でしょうが、もの凄い画像になりました。




思わずバンザイ!

ガッツポーズ

a0242657_10173530.jpg



山頂には20分程、滞在して山荘へ戻りました!!



戻る途中の「北岳」が幻想的でした!
a0242657_10192092.jpg

a0242657_10193053.jpg

a0242657_1019373.jpg

a0242657_10194457.jpg


ホントに非日常。


無事に北岳山荘に戻る頃には雨も上がり、なんだったんだ(笑)
a0242657_1021015.jpg


朝食のお弁当をいただきます。
a0242657_10222313.jpg

なんと食堂で、暖かいスープも出していただきました。


外で食べている方もいましたから、かなり得をしました!


食事をして7時45分頃出発。

今日は、八本歯のコル経由で、大樺沢を下ります。



帰路の巻き道からの間ノ岳は圧巻でした~
a0242657_10244211.jpg

a0242657_10244976.jpg


このカールは、最高ですね!




八本歯のコルへの下りは、ハシゴあり、大きな石が積み重なっている箇所あり、と急な下りが続きます。ここを登るのは大変ですが、下りも厳しいですね
a0242657_10271076.jpg




沢から見上げる北岳方面です
a0242657_102741100.jpg


すっかり良い天気ですね(笑)



下山道は、沢沿いに永遠と続きます。。。
a0242657_10282934.jpg



下山道も紫の花が目立っていました。
a0242657_1030553.jpg

a0242657_1031146.jpg





13時30分

ヒザが痛くなる方、疲労がピークの方、なんと折角持ってきたストックが壊れてしまう方もいましたが、なんとか無事に下山
a0242657_10292320.jpg


帰りのつり橋を無事に渡ることが出来ました~


3時30分に出発して、13時30分下山。

10時間のトレッキング、お疲れ様でした!!



一緒に登っていただいた、仲間4人の方には感謝感謝です。

本当にありがとうございました!!




山は良いですね。

また登りたくなっちゃいました。






では \(^o^)/










-
[PR]

by sun-sound | 2016-10-16 09:56 | mountain | Comments(4)
Commented by ねお at 2016-10-17 18:50 x
山登り、いーなーいーなー。
行ってみたい!!って思わせてくれる写真がたくさんでした。

そして吊り橋…なんだって高いところが大好きで…( ・ワ・)

Commented by sun-sound at 2016-10-17 23:30

ねお 様
写真、たくさん撮りすぎて整理が大変でした。厳選された40枚程(笑)
たった2日間だけでしたが、山は非日常感がありすぎでして、かなり心が洗われました‼️行ってみたい、と思っていただけたら幸いです。
私も、また行きたい!です(笑)
Commented by りえどん at 2016-10-18 01:59 x
サンサンさん、絶景写真ありがとうございます!
いや~これを見ちゃったら~行くしかないですよ!!来年行きます!!
Commented by sun-sound at 2016-10-18 06:24

りえどん 様
山は良いですよねー。
私、来年は北沢峠から甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳を登りたいと思ってます!
トレイルランは未熟者ですが、トレッキングで頑張ります*\(^o^)/*
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31