八ヶ岳(赤岳)登山:1日目


さて、9月17日~18日の赤岳登山ですが、まず1日目のレポートをしたいと思います!


日本列島は、9月15日~16日に台風の直撃で山行が危ぶまれましたが、16日の午後には台風も去り、無事に行ってくることが出来ました。

おかげさまで、2日間、台風一過の好天で最高でしたよ~





9月17日(火曜) 朝7時に 中央高速「双葉SA」に集合とのことで、中央道を走ります。

今日は、河口湖方面には行かず、名古屋・甲府方面へ
a0242657_094734.jpg

朝6時頃、後方からお日様サンサン。

良い天気。良い天気。

この先には、有名な笹子トンネルがあります。

少しスピードあげて、さっさと走り抜けました(笑)






甲府盆地に来ると、目の前に「南アルプス連峰」
a0242657_0141196.jpg

最高峰は、北岳(3,193m)です。

過去2回、登ってますが、当時は「3,192m」だったんだよなぁ・・・。

山の高さが変わるの、不思議ですね。






双葉SA 6時45分。集合時間の少し前に到着
a0242657_0162738.jpg




ここには、富士山の展望スペースがあります。

クッキリと見えました。

おおお。どうですか!
a0242657_017969.jpg





無事に4人集合し、再度、中央道を走ります。

次に出てくるのは、今回の目的地「八ヶ岳連峰」です。

最高峰は赤岳(2,899m)です。
a0242657_0195649.jpg

あの一番高い所まで、今日登ります!






小淵沢ICを降りて、右折。

8%の表示がある坂を、数キロ上がり、この交差点を左折

茅野・富士見高原方面へ
a0242657_0215643.jpg






走り易い道をどんどん進みます。

富士見高原の看板
a0242657_0224545.jpg







道なりに10キロ程でしょうか、美濃戸別荘地の入口

「八ヶ岳登山口」の看板を右手奥に進みます
a0242657_0245632.jpg






そして、この看板。

「登山道」 美濃戸・硫黄岳・赤岳とあります。

ここを左折。
a0242657_0253898.jpg









ここから悪路が始まります。

舗装されておらず、穴があったり、大きな石が落ちていたり、車高が低い車は、下を擦りながら進みます・・・
a0242657_0274528.jpg








車の下と、神経を擦り減らしながら走る事15分程。

ゴールが見えてきました。
a0242657_0281120.jpg








やまのこ村の駐車場

平日なので、ガラガラ。
a0242657_029440.jpg

この坂を上がった所にも、駐車場があります。

着いた安心感からか、どうしてもホッとして下の駐車場に止めちゃうんですよね!









入口には「八ヶ岳」の看板

逆光ですね・・・。
a0242657_0362483.jpg

美濃戸山荘の方に聞くと、帰ってくる時間帯には良い写真が撮れるよ~とのこと。







今回のコースは、以下の周遊コースを予定してます

美濃戸 ⇒ 南沢 ⇒ 行者小屋 ⇒ 文三郎道 ⇒ 赤岳 ⇒ 横岳 ⇒ 硫黄岳 ⇒ 赤岳鉱泉 ⇒ 北沢 ⇒ 美濃戸
a0242657_0384914.jpg

赤岳の定番コースですね








と、思ったら、昨日の台風で、南沢が通れないとのこと・・・
a0242657_040931.jpg

むうううう。

となると、北沢経由 赤岳鉱泉~行者小屋 ルートだ・・・。

なんと、遠回り。







まあ、台風のお陰で、この好天に恵まれた訳でもあり、良い点、悪い点、相殺ですね!

赤岳は3回登ってますが、北沢ルートを登るのは初めてでした。

AM9時 こんな道で始まります。
a0242657_0434656.jpg






ここは南沢も北沢も同じ、苔むす樹林帯を抜けます
a0242657_044262.jpg






このコースの魅力は、何と言っても、沢を右に左に見ながら高度を稼げる点です。

どうですか、気持ちよさそうでしょう。
a0242657_048291.jpg

a0242657_048109.jpg







と思ったら、北沢でも橋が流されて、補修をして下さってました。
a0242657_0485165.jpg

ご苦労様です。

ありがとうございます。





台風の跡ですね。

川の流れとは全然関係無い所の草木がなぎ倒されてました
a0242657_0503627.jpg






歩く事、約2時間。

AM11時30分 赤岳鉱泉が見えてきました!
a0242657_0511731.jpg

これから向かう、赤岳~横岳~硫黄岳の稜線が、はっきりと見えますね!!







こんな山小屋です。
a0242657_0535469.jpg

水場があり、常に水が流れていますので、無料で補充可能
a0242657_054573.jpg










さて、想定していなかった道(赤岳鉱泉~行者小屋)に入ります。
a0242657_0553372.jpg







途中「中山乗越」を越えますが、ここには中山展望台があり、赤岳の眺めが素晴らしそうでした。
(余計に歩かされたので、、、立ち寄りませんでしたw)
a0242657_057149.jpg








12時30分 行者小屋が見えてきました。
a0242657_057371.jpg









行者小屋からも、眺めが素晴らしい
a0242657_058594.jpg







ここにも水場がありますので、昼食タイム!
a0242657_0583983.jpg

セブンプレミアム:金の麺をいただきました。
a0242657_0591329.jpg

と~っても美味かったです!!!











文三郎道に入ります
a0242657_0593873.jpg









この頃には、かなりお日様も高くなり、良い感じ。
a0242657_111219.jpg

木漏れ日を浴びながら、登る。素敵ですね~












でも、このルートは、結構きついです。

階段を登るんです・・・。
a0242657_123061.jpg






直登するので、アッと言う間に、行者小屋がはるか下方に!
a0242657_132524.jpg







急角度を。。。ガリガリ登ります
a0242657_14391.jpg







右手には「阿弥陀岳」「中岳」が視界に入ります。
a0242657_145126.jpg

お日様を浴びて、山も喜んでいるように見えますね。













と、思えば、やや右に崩壊している階段もあり。
a0242657_155572.jpg

なんか怖い・・・









振り返ると、、、、どうですか!
a0242657_163199.jpg











もう少しで稜線に出ます!!
a0242657_165387.jpg







ここから先は、赤岳山頂まで岩稜が続きます。

鎖に梯子。
a0242657_184324.jpg

a0242657_185270.jpg

a0242657_19079.jpg

a0242657_19951.jpg

初めての仲間は、楽しんで登ってました♪









PM3時30分 ついに山頂が見えてきましたよ~
a0242657_110119.jpg











そして山頂からの展望
a0242657_1102291.jpg

富士山まで遮るものも無く、最高ですね










山頂にも山小屋はありますが、少し下った所にある山小屋に宿泊しますので、慎重に下ります。

実は、山は上りより、下りの方が難しいのです。
a0242657_1115436.jpg

a0242657_112249.jpg








PM4時過ぎ 赤岳展望荘に着きました!

赤岳をバックに。
a0242657_1124162.jpg





案内看板を見て下さい。
a0242657_1131037.jpg


ご飯は「バイキング」

水洗トイレ

お風呂も入れると・・・ 凄い!!



早速受付をします
a0242657_1151378.jpg








お風呂は、こんな感じ
a0242657_1142490.jpg





そして宿泊客は、コーヒーもお替り自由
a0242657_1145244.jpg






PM5時30分 お楽しみの夕食バイキングで~す
a0242657_1155699.jpg

a0242657_116461.jpg







こんな盛り付けになりました~
a0242657_1162343.jpg




あまりにも美味しくて、ミカン、杏仁豆腐 大量お替り (笑)(笑)(笑)
a0242657_1171374.jpg








そして、本日のメイン


PM6時30分 西側には沈む夕日
a0242657_118938.jpg





東側には、富士山とお月様
a0242657_118422.jpg





そして諏訪の夜景
a0242657_119498.jpg










幻想的で、と~っても綺麗でした。








 ~ 八ヶ岳 2日目 に続く ~
[PR]

by sun-sound | 2013-09-20 23:02 | mountain | Comments(0)
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31