第8回湘南国際マラソン(エントリー)

6月1日 20時~『第8回湘南国際マラソン』のエントリーが開始

今年は、参加してみようと気持ちを奮い立たせて、エントリーに挑戦してみました。

a0242657_011078.jpg




この大会、大磯~江の島~二ノ宮の国道を、そして西湘バイパスも走れるとのことで、参加熱が年々加熱しているとのこと。


完走するより、エントリーする事の方が大変。。。と言う方もいます。




そのエントリー経過を報告します。

①当日は、回線が途中で切れると「×」とのことで、携帯を充電しながら、尚且つ回線が安定している場所でのエントリーをする事にしました。(よって途中の移動は難しい)

②20時では、会社終了後に自宅にたどり着けないので、業務終了後、出勤簿は退社とし、事務所の電源だけお借りしました。

③画面の自動OFF機能をリセットし、常に表示される設定に。



まずは、「RUNNET」と言うエントリーサイトにアクセスします。

20時開始とのことで、少し前の19時35分から様子を見ると・・・
a0242657_022341.jpg


湘南国際マラソンのエントリーページを見ようとすると、すぐに順番待ち画面になります。

この画面、10秒ごとに自動更新され、どうやら10秒たつと、自分の順番が繰り上がる様子。



そして、20時になり、本番開始。

つるちば等の若いゼッケン獲得選手権で鍛えた反射神経で、エントリーボタンをクリックするものの、やはり先程と同じ画面で、10秒更新が繰り返されます。。。





20時25分頃、、、

突然に画面が切り替わり、すぐ操作。
(画像無し)

しかし、その頃から30秒更新に切り替わり、待てど暮らせど、30秒毎の更新が繰り返されるばかり。

その間、画面から目を離せず、凝視し続ける。。。



1時間30分待った、21時50分頃、、、ギブアップで、撤退を決めます。

ポケットWi-Fiを持ってませんので、3G回線では、電車移動中はとっても不安。


電車内も、移動の歩行中も画面を凝視。




やがて、自宅最寄駅の数駅手前で、突然エントリー画面に変わりました!

この機を逃してはならないと、すぐ入力、、、



操作開始から、3時間経過した、22時55分、やっとエントリー完了!
a0242657_036389.jpg




本来、走る事は健康目的であるはずが、このエントリー方法は不可解ですね。

①まず、操作に慣れない人は、参加することは出来ない。

②画面に長時間張り付いていないといけない。

③何よりどれだけの人がエントリーにエネルギーを使うのか、計り知れない。


現に、会社の同僚が、8人挑戦して、2人しかエントリー出来ませんでした。




抽選と言う方法もありますが、抽選は不透明感があって信用ならないです。

私は、昨年のアクアラインマラソンは抽選で外れて走れませんでしたし、東京マラソンは毎年申し込んでいますが、当たる気がしません。



ただ、、、早い者勝ちは、加熱しすぎると今回のようなケースを引き起こします。





自転車熱も高まって、エントリーには気を使いますが、このエントリーは異常さを感じました。










そして、翌日は「第9回銚子センチュリーライド」

何も用意していない私は、帰宅後、睡眠時間を削って、準備をするのでした。。。


結局、2時間程度の睡眠で、3時起床。

佐渡ロングライドより、きっつ~。




こうなったら、意地でも 湘南国際マラソンには参加するしかありません!!
[PR]

by sun-sound | 2013-06-01 23:07 | running event | Comments(0)
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30