房総(丘陵)サイクリング② 実走編

毎日、朝晩は寒いですね。


さて11日(火)、予定通り房総サイクリング②へ行ってきました。
a0242657_16161867.jpg

(金谷港から見た東京湾と富士山)












前回11月20日以来、2回目となりますので若干のコース変更

今回は、金谷港を起点に約130キロ弱のコース。

今回も亀さんが、コースを引いてくれました。
a0242657_16141049.jpg




今回は、亀さん、私、そして「坂好きのSさん」の3人です。

Sさんのために坂を増やしたコースは、どんなだったでしょうか。。。
a0242657_1614430.jpg






今回は、久里浜港まで車載。

朝6時過ぎの気温は「0℃」

寒いわけだ。。。
a0242657_16173682.jpg








渋滞したものの、予定のフェリー(8時20分発)には間に合いました。

この港で、Sさんと合流。

私がモタモタ準備している間に、Sさんは既に乗船しています。

今回もGIANTで参戦です。
a0242657_16184453.jpg






自転車は、手すりに固定されます。

車輪には前後に滑り止め。

大げさな気もするが、まあいいか。
a0242657_16204835.jpg






久里浜港を後に、出発です。

すごく良い天気。
a0242657_16215838.jpg





東京湾の真ん中を越えた辺りから振り返ると、雄大な富士山!

どこに行っても、この存在感さはさすが!
a0242657_16223759.jpg










金谷港に入港です。

朝日が眩しい!
a0242657_16234633.jpg




下の車庫に降りると。。。たった4台しかいない。

こりゃ赤字だよね。
a0242657_16243177.jpg





船から降りた所で、、、一応、記念撮影。
a0242657_1625983.jpg




「ウォーリーを探せ」ならぬ、「チーバ君を探せ」。

ここは金谷港のトイレの洗面台です。
a0242657_16261119.jpg

すっかり千葉県のゆるキャラに定着した感がありますが、今回も何箇所かで目撃しました。

後程、紹介しますね。









準備して、ロッカーに荷物を預けて、写真を何枚か。。。

としている間に、もうフェリーはいなくなってました。早い!
a0242657_16294073.jpg



コインロッカーに荷物を入れる際に、ちょっとしたハプニング。

ロッカー代300円を入れて、荷物を入れる前に、Sさんロ~ックオン!

ガチャンの音とともに、コインが落ちていく音が・・・。

ちゃりん、ちゃり~ん。

あの~まだ荷物入れてないんッスけど・・・。


近くの売店のおば様に大笑いされてしまいました・・・・・。





さあ出発です。

すぐ鋸山ロープウエイ入口を通過します。
a0242657_16362048.jpg






内房の海岸線路は、道幅が狭いトンネルがあり、走りにくい道です。

途中こんなトンネルを抜けます。

狭い上にカーブしていて、車の運転手にとっても自転車は嫌なはず。
a0242657_1637710.jpg





さあ、保田から内陸に入り、登坂開始です。

しばらくは、こんな道を進みます。
a0242657_16395723.jpg








鴨川20キロの案内が出ましたが、そんな近くないんだな、これが・・・。
a0242657_16402820.jpg








ひとつ目のピークの手前は、緑の道でした。

滑り止めの加工が施してあるってことは、急坂だったはず。たぶん。
a0242657_16405836.jpg









この先を左折し、「志駒もみじろーど」を行きます。

ここは前回、終盤に通りました。
a0242657_16414071.jpg

Sさんと、綺麗な紅葉は無いね---なんて言いながら進みます。











ありました。

日があたると、いい色に輝いて見えます。
a0242657_16424952.jpg







登った分だけ下り、少し進むとマザー牧場への登りの開始です。

11月20日とは違うアプローチで上がります。

こんな木漏れ日の中、高度を稼ぎます。
a0242657_16464229.jpg





あと1キロの看板発見。

なにやら白いブツが、まさかのアイツ・・・?
a0242657_16472145.jpg

いや。冗談です。単なる白い粉だったと思います。










牧場への最後の坂。
a0242657_1649890.jpg





前回と違う看板。「山の上」と書いてあります。
a0242657_16492610.jpg

どうやらこっちのアプローチの方が、きつかったようです。

とっても12月中旬とは思えない位に大汗をかいて登頂した方も!(笑)








ここからの東京湾の眺めは最高でした。

富津岬が鋭く尖って、右を見れば、アクアライン、ランドマークタワー。

はるか西には、大きな富士山。

写真では、表現出来ないのが残念です。
a0242657_16542068.jpg










名残惜しい中、先に進みます。

例の九十九谷公園(くじゅうくたにこうえん)に。
a0242657_16552613.jpg




相変わらずの山々です。
a0242657_16554075.jpg







いつも逆光で、上手に撮影出来ないんですよね・・・。

と言う私に亀さんがアドバイスをくれました。

上に手をかざして、影を作ってやれば大丈夫と。



挑戦してみました。

違いが出てますか!?


ノーマル撮影
a0242657_16555214.jpg



手をかざした撮影
a0242657_1656199.jpg



かなり違いが出ますね!

分かりますか!?

すごい!




ここからのダウンヒルは、全区間中 最高速度が出る下り坂です。

さあ、行きますよ。

結果は後ほど。









続いての区間は、 房総スカイライン。
a0242657_1724736.jpg





前回同様に料金所を通過します。

前回は「指ぬきグローブ」でしたが、今回は「指あり」です
a0242657_17252790.jpg







この道も紅葉は、散ってしまってます。
a0242657_17262868.jpg





ツルちばコースとの合流点が見えてきました。

一瞬だけツルちばコースに合流です。
a0242657_1727488.jpg






ここでトイレ休憩。

いつも一瞬で通過してしまう所ですが、交差点の正面のお店に立ち寄り。

んっ。何やら軽快な音楽とともに、美味しそうな「たまごかけごはん」のお店が!
a0242657_17283939.jpg

a0242657_17285096.jpg

と~っても魅力的なお店でしたが、今回も例のお店に行く予定で、、、残念ながらパス。

でも300円。

いつか食べてみたい「たまごかけごはん」のお店でした。

千葉のB級グルメとなるかな!?





ツルちばコースに合流したのも 束の間。

この角をすぐ右折します。
a0242657_17331584.jpg

この写真、何か写ってますが、、、気が付きましたか??









そう。サルがいました。(拡大写真)
a0242657_17341460.jpg

近づいたら、真っ赤なお尻を見せながら逃げましたが、やっぱり出没するんですね。







つるチバコースと分岐すると、車の少ない道に。

峠ロードとなり、狭いですが、登るには最高に走り易い道です。
a0242657_17364554.jpg



こんな道。落ち葉が左右道路脇にぎっしりです。
a0242657_17371245.jpg



日差しがあると、とっても明るい!
a0242657_1737483.jpg



そして例の落し物。

所々ありました。

下りは危険です。
a0242657_17373561.jpg




振り返ると、こんな道を上ってきました。
a0242657_17372724.jpg

このピークは何も無いので、見どころも無く通過。






落し物がある道を慎重に下ると、亀山湖。

ツルちばコースに再度合流です。
a0242657_17405123.jpg

ここも紅葉は終わってましたね。





ここからは、下って上ってを繰り返しながら、少しづつ高度を稼ぎます。

ときには 8%の坂も出現。

日陰は寒いので、坂は暖まります。
a0242657_1742511.jpg





きた~。

「がんばろう千葉」  チーバ君登場です!
a0242657_17434788.jpg




そろそろこの登りも終盤。

このトンネルの先、少し上れば、ピークです。
a0242657_17445842.jpg










今回は、見事撮影に成功。

工事中のループ橋。
a0242657_17454139.jpg

手前を仲間2人が下っているのが見えますか!?

(今回、眺めていて思いましたが、この道、通ってきた道の「清澄養老ライン」に単純に繋がるだけのような気がしました。この少し上、ヘアピンが2回続くので、そこをパスするための道ではないでしょうか)












そして、この位置からの撮影にも成功!

話題に出た、例の場所です。

海が見えました!!
a0242657_17471255.jpg







海の近くまで下りました。

前回、撮影に失敗した 安房東中学校。

こんな学校に通いたかったなぁ。
a0242657_18102392.jpg







鴨川の海はお日様サンサン。

太陽の光ってすごい!!
a0242657_18123972.jpg





ピンポンパンポ~ン。

ここで残念なお知らせがあります・・・。

例の「山田屋食堂」ですが、到着してみると・・・。

14時ラストオーダーで、既に14時25分。

ううううぅ。









でも、さすが亀さん。

別なお店をチェック済です。

代わりに行ったのは「川京」と言うお店。
a0242657_18152755.jpg




これは、れっきとした「千葉B級グルメ」のひとつ『おらが丼』をいただきます。
a0242657_18162683.jpg

出ました チーバ君。こんな所にも出現。







「おらが丼」のパンフレットを見ると、どうやら特定の丼ではなく、漁師の独創料理的な存在らしいです。

様々なお店が、多くの種類の「おらが丼」を出している様子。


ここでは、サザエおらが丼を注文しました!
a0242657_18185982.jpg

サザエの肝まで入っていて、1,100円。

美味しかったですよ~。






腹ごしらえも済んで、さあ出発!

既に15時近くになり、影が長くなってきました。
a0242657_18202551.jpg






仁右衛門島方面の坂を上ります。

前回とほぼ同じアングルで撮影。

既に日が陰ってきて、夕刻の雰囲気が出てます。
a0242657_1822508.jpg






この先すぐを右に入ります。

これが、坂好きのSさんの為に、取り入れた特別コースの入口。
a0242657_18241725.jpg




地図上で言うと、この位置になります。
a0242657_18244199.jpg

a0242657_18245013.jpg





出だしの急坂を乗り切ると、いつもツルちばでお世話になる「ヒルトップインブランシェ」がありました。こっち側からアプローチするのは初めてですね。
a0242657_1826058.jpg










と・こ・ろ・で、この坂道、なかなかハードでした。

いつまでもいつまでも続いて、終わりかと思うと、又あらわれ、終わりかと思うと、又あらわれ。

ふうふう言いながら、上りました。

写真は撮る余裕なしでした。







山頂近くに、「キッコーマンバイオケミファ㈱」という会社が出現。
a0242657_18303815.jpg





道路から外れて右に少し登るのですが、なぜか心惹かれて、この敷地に侵入。

何故って?

高台にあり、ものすごく景色が良さそうだったから!


少し上り、カーブを折り返すと、、、

高台に一軒家がポツンと建ってます。
a0242657_18323919.jpg



ここからの眺めが最高!!

太平洋が一望できて、凄いの一言。
a0242657_183309.jpg

会社の敷地内であろう場所なので、別の方の持ち物なのか不明でしたが、別荘か何かのようでした。





ところで、この会社の建物ですが、中に人がいて作業しているようでしたが、何の会社なのか・・・変な臭いがしてました。
a0242657_18362540.jpg

醤油工場も変な臭いがしますよね。








まだまだ坂が続きます。。。

たいして高い山では無いのに、いつまで登らされるの??って言いたくなるような感じ。

3人の心の中は、きっと同じだったはず。

ねえ?亀さん、Sさん・・・。
a0242657_18374412.jpg

何がって、今、分かりました。

この路線、真っ直ぐな坂が多いんですよね。

気持ちが折れそうになる理由が分かりました・・・。












やっとピークを越え、下りはじめました。

夕日が差し込み、オレンジストライプが木々を照らします。
a0242657_18393891.jpg

これ紅葉でも何でもない、ただの夕日なんですが、デジカメの上にピンボケで、残念な一枚になってしまいました。










前を行く2人のテールライトは、頼りなく輝いています。
a0242657_1842463.jpg










空は明るくとも、わが道は暗くなってきました。
a0242657_18424197.jpg








最後の自衛隊の坂を上り切ったときには真っ暗。
a0242657_18431246.jpg




しかも、私の前ライトが電池切れ!!

これからナイトダウンヒルなのに、、、











でも亀さんが、予備ライトを貸してくれました。


これが明るいのなんの。助かった。。。




下りでは、例のブツも落ちているし、ガタガタと荒れている所もあり、大変でした。

亀さんは2回もボトルが吹っ飛ぶし、Sさんはチェーンが内側に落ちるし・・・。















最後は、18時20分のフェリーに間に合うように、亀さんが「オニ牽き」してくれて、港についたのが、18時10分!

無事に帰還できました。
a0242657_1850236.jpg

電車で帰る亀さんには、挨拶もそこそこに乗船し、帰路につきました。

ありがとうございました。







GARMINは、暗くなってからバックライトを最強にしたため、残り5キロ手前で電池切れ。

もしかしたら最後までデーターを拾えてないかもしれませんが、一応。


走行距離  123.07キロ

平均時速   20.2キロ

最高時速   65.7キロ

消費cal   4,982Kcal

獲得標高  2,166m(↑)
      2,169m(↓)





サイコンの記録では、


走行距離  128.28キロ

平均時速   19.8キロ

最高時速   65.4キロ







所感

自衛隊の下り坂のナイトダウンヒルは二度と嫌ですね。。。

亀さん、Sさん 最後まで ありがとうございました。

又、行きましょうね!!












そして、ライトをポチッと購入しました。

借りたのは、、きっと これでしょう。
a0242657_1926211.jpg

[PR]

by sun-sound | 2012-12-12 19:42 | Bicycle | Comments(2)
Commented by カメオ at 2012-12-12 21:56 x
真っ暗な中でのダウンヒルはしびれましたね。私は自衛隊からの下りでは恐くてスピードが出せませんでした。あっという間に見えなくなっちゃいましたね。千葉の道は車の通る幹線道路でも殆ど街灯ないから神経すり減っちゃいますよ~。
寒いし汗も出ないし暗くて前に収集してたら、ボトルに手がでなくて2回も吹っ飛んじゃいましたし、笑っちゃいますよね。

嶺岡浅間の上りが真直ぐで結構な勾配が続くので途中で気が折れそうになりましたよ。なんでこんなコースひいちゃったのか
反省しきりで登ってました。ひいた私が一番後ろで皆が遠くに見えてやっぱり私は亀???

スタート地点のポイントの多少のズレがあるでしょうが、因みにガーミンは127.61kmと記録されてました。

しかし寒い時期の下りは手足の指先が冷えて辛い。最近冷え性に悩まされている私には余計にそうでした。寒くてあまり汗もかかず手足は全く暖ったまりませんでした。辛~、もう年寄??
Commented by sun-sound at 2012-12-13 07:48
カメオさん
おはようございます。
朝晩の寒さは、走るには限界ですね。

私が無事に下れたのは、お借りしたライトのお陰です。メチャ明るかったです!
あの予備が無かったら。。。

これにこりず、また、行きましょう!
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30