裏ヤビツ峠

今日は風が強い1日でしたね。

前日の天気予報では、「午後から雨がパラつきます」となってたので、出発するかどうか迷っていたのですが、結局、降らず終いでしたので、終わってみれば強風の中、良いトレーニングになりました。


目的地は、丹沢のヤビツ峠(但し246号線は大嫌いなので、裏ヤビツ峠です)。
a0242657_19515554.jpg

a0242657_1952547.jpg

距離 約45キロ
出発地点海抜 約85m
ヤビツ峠海抜 約761m

20キロ過ぎの急角度は、宮ケ瀬湖への上りです。

気張って行きますよ!!!




いつもの「座架依橋」です。
気温26℃
空は晴れてますが、風が強いため、雲が筆状に伸びて綺麗です。
道路は出勤時間帯で大混雑してました。
こんな時は歩道を走るに限る(笑:はっはっは!)
a0242657_19525843.jpg




目指す丹沢方面は、雲がかかっていますが、平気そうです。
しかし、大渋滞。。。
こっちは、速いよ~
a0242657_1953962.jpg





でました。私が勝手に命名した「三田小学校の坂」です。
この坂のすぐ上に小学校があるので、命名しました。
毎朝、ここを通る小学生は健脚になるんだろうなぁ。


a0242657_19531611.jpg


まだ本格的な上りに入る前なのですが、足慣らしに毎回通ります。
10%ほどあります。
「三田小学校の坂②」奥の赤い家の角度で、傾斜分かりますでしょうか!?
a0242657_19532371.jpg






見えてきました。「千頭橋際」交差点です。
あの交差点を右折し、清川・飯山方面を目指します。
個人的にはここを上りのスタート地点としてます。
a0242657_19533294.jpg

a0242657_19534486.jpg





まずは「宮ケ瀬湖」を目指します。
2車線の走り易い道が続きますが、ここはトラックも通りますので要注意です。
こんな坂が続きます。
a0242657_1954742.jpg

a0242657_1954141.jpg

a0242657_19542197.jpg

a0242657_19542848.jpg




このようなモノ(赤丸部分)が見えると、自転車乗りには堪えます。
(あの角度で上るのか・・・)
足が残っていて元気があるときは「よしっ!」となるんでしょうがね。
a0242657_19543839.jpg





この坂が「土山峠」(宮ケ瀬湖)への最後のカーブです。
あの先に、宮ケ瀬湖があります。
a0242657_20234158.jpg





到着しました!
元気に結構飛ばしてしまった。
暑くて、バテバテ。(まだヤビツへの上りが残っているのに・・・)
a0242657_19545651.jpg




宮ケ瀬湖が見えました。
やはり「スジ雲」と言うのでしょうか、綺麗です。
a0242657_1955413.jpg




もともと人が住んでいた所をせき止めてダムを造りましたので、いまだに名残があります。
これは集落に続いていた道路でしょうか?
a0242657_19551870.jpg





ここからは、しばらく緩やかに下りが続きます。
いくつかの橋を越えます。
ホッと一息つけるポイントです  (^_^.)
a0242657_20305974.jpg

a0242657_19553311.jpg

a0242657_19554059.jpg


この橋を越え、「向山トンネル」を抜けると分岐です。
真っ直ぐ行かないように注意、注意。
a0242657_19555138.jpg

a0242657_19555995.jpg



向こうに見えてきた橋の方向に左折します。
「やまびこ大橋」ですよ~。
しかし、雲が綺麗だ。
a0242657_19561259.jpg





橋の上から通過してきた方向を振り返ります。
綺麗ですね~。
左手に通ってきた橋が見えますでしょうか?
a0242657_19575294.jpg





見えました。
70号線「ヤビツ峠」方向です。
この先、自動販売機は、ほとんどありませんので、手前の自動販売機でボトルに満タン補充します。
a0242657_1958035.jpg


交差点の名前は「宮ケ瀬北原」です。
こんな雰囲気の交差点です。
a0242657_19581275.jpg


反対側からも念のため撮影しました。
a0242657_19582048.jpg



これで、ヤビツ峠に行けない事はないでしょう。
(って。。。誰に向かって言っているのでしょうかねぇ?)








最初は、広くて走り易い道が続きます。
見てください、真っ直ぐでスピード出そうでしょ!!
(でも風が強く、全くスピード出ませんでした。。。(笑))
a0242657_200154.jpg




でも、少し進むと、こんな道になります。
いよいよ裏ヤビツっぽくなってきました。
木漏れ日の中、グングン上ります。
a0242657_200874.jpg



裏ヤビツが好きな点は、
①自然が豊か
②車が少ない
③渓谷美が美しい  です。

こんな道を進みます。
道が狭いので、車はほとんど来ません。
a0242657_2002776.jpg
a0242657_2003585.jpg




途中、2ケ所、トンネルを抜けます。
a0242657_2004296.jpg
a0242657_2005178.jpg
a0242657_2005828.jpg





きました。札掛橋。
ここまでは、比較的勾配が緩やかでしたが、この札掛橋を境に、上りがきつくなりますよ~。
a0242657_201616.jpg





ここからは、川が右サイドになります。
綺麗でしょ。
a0242657_2011443.jpg





そして、すぐ秦野市の看板が。
ヤビツ峠の反対側は、秦野ですが、結構手前に境界線があるんですね。
a0242657_2012192.jpg





こんな道を頑張って上ります。
a0242657_2012868.jpg


擁壁の上に、これから通る道が見えてしまった。。。
a0242657_2013644.jpg





きまぐれ喫茶です。
この路線で唯一平日でも営業しており、丹沢の名水で淹れたコーヒーはとても美味との評判です。
軽食も出してくれますので、ハンガーノックになる前に、是非お立ち寄り下さい。
a0242657_2014394.jpg



「きまぐれ喫茶」を過ぎると、最後の難関。
10%以上の坂が続きます。
a0242657_2015264.jpg
a0242657_202087.jpg




道路に縦のスリットがあったら、いよいよ難関も最終段階。
この右脇に丹沢の湧水がありますので、是非寄って下さい。
a0242657_202967.jpg




護摩屋敷の名水です。
ここには多くの方が、水を汲みにきます。
a0242657_2021640.jpg

ここを通過すると、難所は終わり。
緩やかに数キロ頑張れば、ヤビツ峠ですよ~。






つきました!
緑が綺麗ですね!
a0242657_2022345.jpg










途中、富士見山荘が焼失している現場を見ました。
戻ってネットで確認すると、7月3日の午前2時頃に火が出たそうです。
蕎麦をいただいた事があったのに、ショックでした。
a0242657_2023210.jpg






さて、今回、愛車BIANCHI写真が何枚か写ってましたが、

銚子センチュリーの清掃後、一部の改良を施しました。

気が付きましたか!?


もう一度、良く見て下さい。
a0242657_21141614.jpg













って、分かる訳ありませんよね。。。

実は、これです! ジャーーーン!
a0242657_2114549.jpg


再来週に「小淵沢ダウンヒル」に行きますので、仲間に置いて行かれないように、装着してみました!

さらに、ハンドルを1.5cm下げて、前傾姿勢を強めにセッティングしてみました!





ふっふっふ。

これで、下りで離される事は、あるまい。。。。






かなり風が強く、場所によっては全く進みませんでしたが、元気に走ってきました。

走行距離 92.2キロ
平均速度 20.1キロ
最高速度 51.3キロ
[PR]

by sun-sound | 2012-07-11 21:34 | Bicycle | Comments(4)
Commented by tunakan at 2012-07-12 01:30 x
裏ヤビツ良いですね、しかも表より勾配は急ですね、表で10%は感じませんでしたし。
コースも地図と写真を参考にさせて頂きます。

折り返しで登っていく先が見えるのは笑うしかないですね。
真っ直ぐの激坂は苦手ですが、折り返しはテンションと心拍急上昇で楽しすぎます。
ただ気持ちだけ空回りで脚が付いてこないのが少々難点。

改良点は写真ズームで気付きましたが、遂にアウター解禁ですね!
高速走行に対応出来ますし、平坦でもトップに入れて軽いダンシングで尻や脚を休ませられます。

小淵沢・・・白州の蒸留所へ向かう途中、電車の車窓から良い感じの川が見え、
並走する道路をローディーがトレインを組んでいたのを思い出しました。
山の中は良いですよね、楽しんできて下さい。
Commented by sun-sound at 2012-07-12 19:35
tunakanさん
こんばんは。
アウターを装着したものの、操作に慣れず、宝の持ち腐れ状態でした。早く慣れなければ…
斜度は表の方があると思います。とくに前半戦。
個人的に疲れていると、5%の坂が10%に見えちゃうので、話半分で聞いてやって下さい。
裏は狭くて、下りには適してません。もし上がる機会がありましても、下りは表を降りて下さ~い (^-^)/

私もまずは300キロ目指して頑張ってみようかなと思う今日この頃です。
Commented by sugihiro at 2012-07-15 11:59 x
先日tunaが裏ヤビツのコースを作ってたのは
こちらの影響でしたか。

折り返しで登りが見えるのには、つい
「ふざけんな(笑)」って思いました@草津

FDはULTEGRAのシルバーカラーでしょうか?
操作に慣れが必要ならばアウター固定に慣れては
いかがでしょうか?
少なくとも平地ならシフトダウンの必要性は余り無いので。
ヒルクライムでしたらインナー固定でも良いですしね
Commented by sun-sound at 2012-07-15 22:19

sugihiroさん
こんばんは。

そうです。ULTEGRAのシルバーです。
良く分かりましたね!

アウター固定ですか。なんとも恐ろしい事を。
インナーに慣れすぎて全く廻せないから、慣れる意味では良いですね!

フロントをアウターからインナーに落とした時に、一番内側まで落ちてしまうので、中間の調整が難しいと言うか、面倒に感じてます。歯は2枚なのに、中間位置があるのが、リアの考え方と違うので、手こずっています。

たくさん走って慣れないとですね!
line

日々の活動を思いつくままに


by sun-sound
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30